うえだのいばしょ

世界最小級ペンギン系記者・編集者、上田真之介はいまどこで何をしているのか。

2016年11月

JR九州で架線トラブルが繰り返された。このうち、今月11日の架線支障で会見を開き陳謝したのは福永嘉之取締役鉄道事業本部副本部長。きのう(22日)のケースでは江副孝博取締役安全創造部長が頭を下げた。

続きを読む


架線異常を発見するのは難しいと思うので、それによる運休は仕方がない。
だけど、JR九州さん、そのあとのダイヤの復旧がちょっと下手というか……。

小倉駅は改札外が大混乱。中はひっそり、という異様な雰囲気だった。
そして発車標(電光掲示板)は、朝と夕方の列車のみが表示されているという、秘境駅感。(;▽;)


今年は大規模な運休が多い。JR九州由縁のトラブルではないにしても、安定運行への意識がなおざりになっていないだろうか。
今や鉄道事業は、収益の柱ではなくなっているのかもしれないが、公共交通機関としての使命は果たしてほしいなぁ。。。


(というか、当たり前だけどお金を払って「移動サービス」という商品を買っているわけだから、『公共交通』云々ではなく営利組織としても支払いに見合うサービスの提供に努力するべきで……。16時に復旧していながら、未だに動かない列車があるのは……。まぁ、仕方がないか。明日はちゃんと動いてね!)



「西側諸国」の内部で「東側諸国」が生まれる瞬間を目撃した。そんな感想を持った。世界は『価値観を共有する国々』がいくつもの小さな連盟に分断していくかもしれない。
続きを読む

いじめ自殺のニュースの組み立てを見ていると、『かわいそうだから、悲しいから、いじめはダメだ』というかなり浅い結論に終始しそうで恐い。表面的な感情ではなくて、本質的な倫理基準を自分で考えられる人間を育まないといけないと思う。続きを読む

↑このページのトップヘ